Covid-19 Vaccine Info

For Sovereign Humans

image-4.png

国際コモンロー司法裁判所 Case Docket No. 09152021-A001 2022年1月15日

2022年1月15日、国際コモンロー司法裁判所はCase Docket No. 09152021-A001を持って、コロナワクチンと呼ばれている薬物はワクチンではなかった事。エリザベス女王とバチカンのローマ法王を筆頭とする75人の被告は、大量虐殺目的の殺人兵器である薬物を意図的にワクチンと名付け、人々を騙し人口削減を企んでいたことを判定し、この多国籍犯罪組織からなる75人の被告に対し、有罪を判決致しました。そして、逮捕令状を出したのです。この信じられない出来事が何故起きたのでしょうか?それは今始まった事ではないのです。それはこの全世界の人間がエリート達に依って何千年にも渡り、気づかれない様に徐々に奴隷化されコントロールされ続けてきた事が今になってやっと表面に出てきたのです。

信じられない事ですが、エリート達は悪魔崇拝により、子供たちを誘拐し、拷問にかけ、生贄にしたり、殺害、臓器摘出、人身販売に使ったり、血液から麻薬を作成など、人道的に最悪の罪を長い年月侵し続けてきたのです。何故このような大量の悪事が今まで庶民に分からない様にできたのでしょうか?一番大きな隠ぺい方法は主流メディアです。彼らはメディアを買収していました。そして、嘘のニュースや金で支配されている放送局(マインドコントロール)、中央銀行からなる全世界の金融システム、全世界の政府の要員達、小学校から大学に至るまでの教育システム、病院や薬で儲ける為の医療システム、保険会社、株相場、エンターテイメント、スポーツや音楽など全てがこの犯罪組織から支配されています。そして忘れてはいけない組織が宗教団体です。そうです。バチカンを先頭とする宗教団体が実際は悪魔崇拝の根源であったのです。そしてその延長が政府です。宗教団体と政府は一緒に企んで戦争を起こしていた犯人だったのです。

 

これまでの長い間、彼らが人類をコントロール出来てきた決め手はお金です。お金で人を操り、長年買収してきた人たちが世界中でトップに立って人類を操作して来たのです。そして、書き換えられて来た歴史、愚民化されて来た庶民、何時まで経ってもどれだけ働いても税金で暮らしが楽にならない庶民。貧富の差がどんどん大きくなる世界。これを強者が続ける為の偽コロナであり、マスク作戦であり、偽PCRテストであり、偽ワクチンであります。
 

コロナワクチンを無料で受けられると喜んで何度も受けている人達は政府に裏切られた気持ちで一杯になる事でしょう。このワクチンは偽コロナを放つ何年も前からカナダの先住民たちの子供たちを使って人体実験されて来ました。そして、ワクチンと呼ばれる薬にはバッチ番号が打たれていて、無害な物もあります。それは、全部を有害にしてしまうとすぐに気づかれてしまい、沢山の人に打つ事が出来ないからです。あるバッチでは死亡率が非常に高い様です。バッチによっては時間が経つにつれて病気を引き起こす様に作られていると聞いています。このワクチンと呼ばれるものは現在でもFDAの承認が得られておらず、治験(人体実験)であると最初からはっきりと言われていました。日本ではワクチンの強制は無かったようですが、社会的プレシャーや間違った道徳観から受けなければならないと感じた人も多いかと思います。しかし、この判決が出た今、この事を皆さんに知って頂きたい。そして、偽政府、偽メディアに惑わされず、自分で自分の身体を守って頂きたい。その思いからこの判決と令状の英語の原文を日本語訳しました。何千年もに渡って蔓延って来たエリート達はこの判決が出た事を全力を尽くして隠すことでしょう。この世界は今、大きく良い方向に変わろうとしています。しかし、どの位の時間が掛かるのかまだ分かっていません。
 

この訴訟を起こした人はKevin Annettと言うカナダの牧師です。カナダの先住民たちがエリザベス女王やローマ法王の力で土地や文化、言語を奪われ、最低でも5万人と言われている子供たちの殺害を犯してきたことを長年にわたり調査し、2013年にローマ法王ベネディクトを退任させた人です。www.Murderbydecree.com と言うサイトに全ての事が記載されています。この事から、今のコロナワクチンに繋がっていると言う事です。壮絶な戦いをしてきた人で毒を盛られたりして、何度も殺されそうになっており、実際に彼と同じ様に真実を暴露しようとした15人は殺害されています。その事もこの判決に載っています。また、この悪の集団はKevinに奥さんと子供が居た事を逆手に取って奥さんにお金を積んで離婚もさせています。協会からのプレシャーで職を無くされて、乞食同然の生活もしてきた人です。肉体的、心理的、金銭的に攻撃を受け、それでも先住民たちの話を聞いて来たKevinは彼らの為に立ち上がり、戦い続けてきた人なんです。その彼の勝利の結果がこの書類です。

この判決と令状は裁判所のサインが載っている英語の原文と日本語訳、両方を印刷して持っている必要があります。これを持っている事でワクチンを強制されないように自分の身体を守ってください。


世界的ニュース速報、裁判判決、逮捕令状、差し押さえと収用の令状、英語原文はこちらから:

http://murderbydecree.com/wp-content/uploads/2022/01/Verdict-and-Sentence-of-the-International-Common-Law-Court-of-Justice.pdf
原文の方に裁判所の署名がありますので原文と日本語訳の両方をお持ちになる事をお勧めします。この裁判判決と令状はコロナワクチンを大量虐殺目的で、人口削減を計画していた多国的犯罪組織に対し、有罪判決を下したものであります。



コビットワクチンの押収令状.docx (日本語訳、印刷用)

コビットワクチンの押収令状ー英語の原文はこちらです:(印刷用)
file:///C:/Users/Yoko/Documents/OneDrive/0.%20My%20ScanSnaps/PUBLIC-WARRANT-TO-SEIZE-THE-COVID-VACCINE-pdf-%20(3).pdf


Kevin Annettの動画です。
1/15/22 Global Breaking News by Kevin Annett
https://rumble.com/vsmzz2-the-international-common-law-court-of-justice.html


1/19/22 Update by Kevin Annett 

https://rumble.com/vsx11p-190122-international-common-law-court.html
Sentencee


以下はサイトに載っている説明文

ブリュッセルとバンクーバーにおいて


2013年にローマ法王ベネディクトを退任させたInternational Common Law Court of Justice( ICLCJ)(国際コモンロー司法裁判所)は、ファイザー、グラクソ・スミスクライン、中国、バチカンの幹部を「人道に対する罪」で有罪にし、COVID企業体に対して打撃を与えた。

裁判所の評決は、75人の個人に終身刑を宣告し、彼らの資産を差し押さえ、彼らの会社を解散させ、「医療大量虐殺と大量殺人の製品」として彼らのCOVIDワクチンのさらなる製造、販売、使用を合法的に禁止しています。

国際法に基づいて招集された4ヶ月の裁判の後、国際コモンロー司法裁判所(ICLCJ)の裁判官は本日、被告人に対する逮捕状および収用令状とともに、歴史的な評決と判決を下した。

有罪判決を受けたのは、ファイザーとグラクソ・スミスクライン製薬のCEOであるアルバート・ブルラとエマ・ウォームズリー、中国の習近平国家主席、「ローマ法王」フランシスコ(ホルヘ・ベルゴリオ)、「女王」エリザベス(ウィンザー)、カナダの首相ジャスティン・トルドーなどである。

裁判所広報室によると「この事件は、世代を超えた巨大な犯罪と、それに匹敵する大規模な隠蔽に関わるものです。教会、国家、企業の最高幹部は、人類を奴隷にする犯罪的共謀の一環として、コビッド「ワクチン」を製造するための致命的な薬物実験において、子どもたちを組織的に拷問し、人身売買し、殺害することを長年にわたって自ら承認し利益を得てきたのである。この共謀は、罪のない人々を殺害し、武器、麻薬、子ども、人間の臓器を売買し、それを暴露しようと脅す人々を黙らせるか破壊しているのです。

我々の法廷は、責任者と企業を犯罪者とし、医療大量虐殺と子どもの大量殺戮の産物であるコビッド「ワクチン」のさらなる販売と使用を禁止することによって、その共謀に法的終止符を打ったのだ。

裁判所の評決と判決は、コビッド体制のルーツを、殺人的な「インディアン寮学校」を含む、バチカンと英国王室によるカナダの先住民の計画的な大量虐殺にたどることによって、責任者に広い網をかける。

裁判所は、この大量虐殺に反対する一般の人々、特にKevin Annettが、15人の活動家の殺害と最近のAnnettの命に対するいくつかの未遂の責任を負う有罪判決を受けた被告によって、継続的に破壊の標的になってきたことを立証しています。

我々の令状は、我々の保安官や代理警察だけでなく、世界中の人々に、有罪判決を受けた重罪犯を逮捕し、彼らの資産を押収し、大量虐殺由来のCOVID「ワクチン」の販売と使用を停止させることによって裁判所の評決を執行する権限を与えるものである。

「子供たちを殺した犯人たちは、もはや行政や企業の特権を利用したり、仕組まれた公衆衛生上の危機のカモフラージュに隠れて、正義から逃れることはできないのです」。

本通知には、裁判所の文書が添付されています。(この文書を持って人口削減目的のワクチン接種を辞めさせる事ができます。英語が原文である為、このサイトで日本語訳を紹介します。)

この歴史的な評決と判決の執行に警察と市民が参加するための行動計画については、明日1月16日、www.bbsradio.com/herewestand(太平洋時間午後3時、日本時間午後11時)で議論される予定である。

裁判所の判決文と令状は、www.murderbydecree.com「ITCCS Updates」およびwww.republicofkanata.ca「Breaking News」に掲載されています。

裁判所へのお問い合わせは、itccsoffice@protonmail.com(担当:広報室 G. Dufort)までお願いします。

2022年1月15日(土)午前12時1分(GMT)発行 国際コモンロー司法裁判所刑事裁判部 by 国際コモンロー司法裁判所刑事裁判部

教会と国家の犯罪に関する国際法廷(ITCCS)(2010年6月15日、国際法の下で設立)の後援のもとで

******************************************************

以下コビットワクチンの押収に関する公文書令状の日本語訳(印刷用と同じ)

国際コモンロー司法裁判所

 

コビットワクチンの押収に関する公文書令状

 

国際共通法裁判所判事の評決に依り発行

 

ファイザー社、グラクソ・スミスクライン社らによる人道に対する罪の問題において

(事件簿番号09152021-A001、2022年1月15日)

 

コビットワクチンと呼ばれている薬の製造、販売、強要責任を負うファイザー株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、などの製薬会社は、人道に対する罪を犯した。さらに子供、先住民らを無理やり実験被験者にしたり、人身売買、拷問、臓器摘出、殺人、大量虐殺を通じて薬物を生産した罪で合法的に有罪判決を受けたことを告知する。

 

したがって、有罪判決を受けた多国籍犯罪組織として、これらの企業の資産、財産、製品は法的に没収され、いわゆるコヴィッドワクチンは、犯罪と大量虐殺に由来する危険な物質であり、直ちに差し押さえられ、販売、流通、使用、適用が禁止されるべきと裁判所によって宣言されました。

 

この裁判所の令状は、公衆衛生と安全のために、また裁判所の合法的な予測と判決に従って、持参人または裁判所の役員に、上記のワクチンおよびこれらの有罪判決を受けた企業の製品を押収する権限を与えるものである。

 

この合法的な令状の執行に抵抗し、反対し、妨害する者は、司法を妨害し、有罪判決を受けた重罪犯を幇助することになり、犯罪の共犯者として逮捕、起訴される可能性があることを告知する。この令状は、法律的効力を完全に有する物である。


________________      __________________    

法廷判事(Magistrate of the Court)署名       法廷書記官(Clerk of the court) 署名

 

事件記録簿番号 09152021-A001

2022年1月15日(ブリュッセル、バンクーバー)

www.murderbydecree.comitccsoffice@protonmail.com

判決文: staples_scan_1642172054366.pdf(bbsradio.com)
Verdict-and-Sentence-of-the-International-Common-Law-Court-of-Justice.docx

 

令状の執行、財産・資産の差し押さえ、逮捕に関する説明書

 

市民、 コモンロー保安官、およびその代理のためのガイド

 

この簡潔なガイドは、有罪判決を受けた犯罪者とその企業に対して正義を執行する人々のために書かれたものです。自由で主権の持ち主として、あなた方は、いかなる権力による犯罪からも自分たちの生命を守り、自分たちの地域社会を守るという、確固とした権利と義務を持っています。あなた方は、市民保安官としての立場で、裁判所の合法的な判決と令状を実行することになります。

 

一般的な目的と手順

 

他の警察官と同様に、あなたの仕事は、合理的な力を使って裁判所の命令を執行することです。あなたの一般的な目的は、裁判所の決定が確実に実行されるようにすることです。あなたのコモンロー裁判所の判決は普遍的な管轄権を持ち、いかなる法律や命令にも優先するため、当局や警察官はあなたを妨害したり、止めたりする権利はありません。あなたの邪魔をする者は、暴行、司法妨害、犯罪幇助を犯していることになり、あなたに拘束され、犯罪の共犯者として我々の法廷で起訴される可能性があります。

 

一般的に、あなたの行動は、あなたが所持する令状の条件によって制限されます。あなたには、逮捕された有罪者や逮捕を免れた者、およびそれらを支援する者を物理的に拘束する権利があります。有罪判決を受けた者を、刑の執行のために裁判所に害なく速やかに引き渡さなければなりません。あなたは、有罪者およびその法人のあらゆる所有物、資産、財産、製品を押収し、それらを損傷することなく裁判所に引き渡す権利があります。また、職務遂行中に自分を守る権利がある。

 

援助

 

合法的な保安官として、あなたは自分の職務を遂行するための援助を求める事が出来ますし、求めるべきであります。そのために市民と警察官の援助を要請し、口頭で宣誓を行う事をしてください。その後、一緒に執行する判決と令状のコピーを彼らに渡し、内容の説明をしてください。

 

口頭宣誓では次のように述べます。

 

"あなたは、2022年1月15日に発行された国際コモンロー法裁判所の判決と令状の条件を、裁判所の管轄下で、他意なく、他の機関や権力の要請を受けずに、あなたの能力の限りを尽くして忠実に執行し、実行することを誓いますか?"

 

あなたが押収した罪人や財産を、刑の執行のために裁判所に迅速かつ安全に引き渡すことができない場合は、コモンロー裁判所の名の下に、裁判所が運営する主権的な共和国の管轄下に、それらのスペースを主張することで、他の警察機関の刑務所や施設を利用することができます。

 

コビッド「ワクチン」の押収と関連する有罪判決を受けた者の逮捕

千年の歴史を持つ英国コモンローの原則は、「いかなる人も、いかなる支配者も、法の上に立つことはできない」としています。私たちの裁判所は、有罪判決を受けた国家、教会、企業のトップを逮捕し、禁止された大量殺戮由来の薬物としてコヴィド「ワクチン」を押収することを命じています。では、このような強力な敵を前にして、あなたや他の市民保安官はどのようにしてこれらのことを成し遂げることができるのでしょうか?

 

あなたの最大の武器は、犯罪勢力に対して法を執行することで正義の行動をしているという、あなた自身の内なる確信です。自分のやっていることを信じて、質問や課題に知識をもって答えられるようにしなければなりません。あなた自身の自信と権威が、出来事を形成するのに役立ちます。

 

また、あなたは一人で行動しているわけではないことを忘れないでください。あなたの背後には、裁判所の合法的で道徳的な力と、あなたの周りの人々の物理的な力があります。すべての市民は、Covid「ワクチン」がなぜ押収されているのかを知った上で、裁判所の令状の執行に協力する権利と義務があります。逮捕と違法薬物の押収のために、何十人もの人々を派遣することを躊躇しないでください。大勢の人々がファイザー社の本社を占拠し、トラック1台分のCOVID見積もりワクチンを没収したときのインパクトを想像してみてください。

 

次に、裁判所の令状を執行する最善の方法は、多くの人々の間で連鎖反応を起こし、「予防接種」を停止させ、責任を負うべき犯罪者を阻止することであることを知ってください。知識は力であり、社会にウイルスのように広めなければなりません。自分の行動を広く知らしめることで、他の人の行動を促し、彼らに権力を握る自信を与えます。

 

逮捕すべき者やその共犯者と対峙するとき、あるいはCOVIDドラッグを押収するときは、毅然とした態度で強制的に、しかし敬意を持って行いましょう。令状を声に出して読み、自分が裁判所の法的代理人として行動していることを知らせる。

 

逮捕や押収を行う際には、物理的な存在感が重要です。令状を宣言した後、数人の大柄な仲間の保安官に重罪犯や押収した薬物を取り押さえさせ、敷地内から速やかに追い出してください。他人と議論したり、名前を呼んだり、肉体的に対立したりしてはいけません。警官の一人に逮捕と押収の様子を撮影・記録させ、令状が正当に執行されたことを裁判所や一般市民に示す証拠とする。報道機関がイベントを取材に来た場合には、同じ代理がメディアリエゾンとして行動し、準備した公式声明を発表します。

 

市民保安官としての個人的責任と安全性について

 

裁判所を代表して行動している間は、令状に従って合法的に行動すれば、自分の行動に対して個人的な責任を問われることはありません。裁判所は、保安官として行動している間、あなたとあなたの行動に対して代理責任を負います。つまり、誰も損害賠償、暴行、その他の犯罪についてあなたを個人的に訴えることはできません。

 

法律上、警察官は厳密な自己防衛のために武装する権利と義務があります。彼らの行動中、あなたは武装し、銃器の訓練を受け、免許を持っている保安官が少なくとも1人同行します。しかし、あなたの最高の安全保障は、あなたの行動中に多くの目撃者や代理がいること、そして地域社会からのサポートにあります。 裁判所の令状の執行がうまくいけばいくほど、私たちの行動はより早く正当化され、他の人たちを味方につけることができます。

 

さらなる教育と訓練

 

市民保安官として活動する前に、研修会に参加して認定を受け、IDバッジと書類を発行します。しかし、最高の教育は、令状を執行し、自分の経験から学ぶ過程で得られるだろう。

 

コモンロー裁判所とその共和国の成功には、あなたの役割が最も重要です。保安官であるあなたは、専制的な企業主義からすべての人々のために世界を取り戻す我々の運動の最前線の役員である。だからこそ、あなたは常に、正直さ、誠実さ、勇気、そしてコモンローとその共和国への忠誠という、個人的にも職業的にも高い基準に従って行動しなければならないのです。

 

このガイドは、国際コモンロー裁判所とKanata共和国によって発行されます。

 

2022年1月15日

 

www.murderbydecree.com, www.republicofkanata.ca, itccoffice@protonmail.com

Let's Get

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Instagram